窓ガラスフィルムの施工ならかながわフィルムにお任せください。

お気軽にお問合せください。 080-8762-7688 【受付】9:00~20:00 info@kana-film.com

ブログ一覧


ミラーフィルムの特徴・メリットやデメリットは?

目隠しや遮熱で人気のフィルム【ミラーフィルム】の特徴・メリットやデメリットは?

 

ミラーフィルム・ハーフミラーフィルムは金属を含むタイプのフィルムで

日射を反射することで高い遮熱効果を発揮します。

ミラー感の強さや、フィルムの明るさの違いで

様々なバリエーションがありますので、

お好みの濃さでプライバシー対策をすることも可能です。

 

内側から見えるが外側からは見えないので

日中はプライバシー保護に役立ちます。

もちろん夜間はその逆となってしまうので、

夜間は室内を隠す必要があります。

〔カーテン・シャッター・雨戸・ブラインド等〕

 

赤外線を遮断することで断熱効果もあるため、

高層ビルなどではビル装飾と省エネルギーなどの観点から利用されています。

鏡面のようになったビルや建築物を見たことがある方も多いではないでしょうか。

 

ミラーフィルム施工後外観

【室外側】ミラー効果で室内が見えづらい♪

 

ミラーフィルム施工後室内側

【室内側】外の景色はそのまま見えます♪

 

 

ミラーフィルムのバリエーション

 

 

ミラーフィルムには種類があり、透過率と反射率

が等しいものはハーフミラーと呼ばれています。

 

透過率や反射率の数値でのご説明は難しく感じてしまうと思うので

当社ではミラー強タイプ、弱タイプとご説明してサンプルをご用意しています(^▽^)/

 

ミラーの濃さも様々ありますが、色の種類も実はあります!

スタンダードなシルバーが見かけることが多いですが、ゴールドも人気なんですよ♪

他に、グリーン、ブルー、ブラウンなどもございます。

 

 

ミラーフィルムのメリット

 

その1

【ミラー効果で日中の目隠し効果】

 

その2

【体感温度ー7℃!暑い太陽熱を遮る】

 

その3

【ミラー調で高級感のある外観を演出】

 

その4

【紫外線99%以上カット】

 

その5

【万が一の飛散防止効果で災害対策】

 

 

 

ミラーフィルムのデメリットは?

 

その1

【夜間は見え方が反転するため夜間の目隠しにはならない】

 

その2

【夜間は室内側がミラー調で夜景が見えずらい】

 

その3

【熱を吸収するので熱割れリスク有。網入りガラスやLOWEガラスは注意】

 

 

 

外貼りミラーフィルム

 

北面以外に向いているLow-eガラス、真空ガラス、線入りガラス等

熱割れリスクの高いガラスの場合はミラーフィルムはお勧めできません。

 

でもミラーフィルムが貼りたい…!

 

そんなお客様には外貼り用ミラーフィルムをご提案しております。

この方法であればミラーフィルムも施工可能な場合があります。

 

 

外貼りミラーフィルム施工中

 

 

ミラーフィルムの施工についてご説明しましたがご理解いただけたでしょうか(^▽^)/

 

「外からは見えなくしたいけど室内からは景色が見たい」

「熱い日差しをどうにかしたい」

「ミラー調でおしゃれな外観を演出したい」

といったお客様にミラーフィルムをお勧めします。

 

 

《  窓フィルム施工かながわフィルム  》
住宅/店舗/オフィスの施工承ってます。

見積もり現地調査無料サービス⁡

お気軽にご相談ください!

 電話でのお問合せ 
📞 080-8762-7688

 メールでのお問合せ 
✉ info@kana-film.com

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 かながわフィルム. All rights Reserved.