窓ガラスフィルムの施工ならかながわフィルムにお任せください。

お気軽にお問合せください。 080-8762-7688 【受付】9:00~20:00 info@kana-film.com

ブログ一覧


なぜ黒い家は暑さで後悔するのか

 

こんにちは!

かながわフィルムスタッフの佐藤です(^^)/

 

本日は黒い家についてのお話です。

 

近年、黒い壁の家をよく見かけませんか?

昔と比べると格段に見かけるようになった黒い住宅。

近年の住宅業界では流行色なのかもしれません。

 

確かに黒い家はモダンでクールで高級感もあり、

なんといっても見た目がかっこいいですから。

昔と比べていろいろな住宅の選択肢も増える中で

高級感のある「黒」を選ぶ方も増えますよね(^^♪

 

 

黒い家の住人が抱える悩みとは

 

「エアコン代が必要以上にかかる」

「部屋が暑い!暑くて耐えられない!」

「まだ春なのにもう冷房が必要なんて」

 

黒は可視光線をほとんど吸収する色です。

 

夏に太陽の下で黒い服と白い服を着ている場合、

どちらが暑く感じるでしょうか。

帽子などでも言えますね。

 

黒は太陽熱を吸収し暑くなりやすいのです。

 

 

 

色別の日射反射率の違い

 

 

以下は外壁材のガルバリウム鋼板の色別の日射反射率の数値です。

 

・ブラック:44%

・アイボリー:62%

・ホワイト:69%

(出典)日鉄住金鋼板株式会社ニスクカラーSGLガルバリウム鋼板PDF資料

 

 

日射反射率とは 日射反射率とは太陽光に含まれている

近赤外領域の光を高いレベルで反射することを指します。

日射反射率が高いほど屋根面の温度上昇を抑えることができますので、

外壁や屋根の色をどんな色や材質にするかで大きく変わってきます。

 

なので黒い屋根、黒い外壁の家では太陽熱を跳ね返す力が弱いため、

エアコン代が必要以上にかかる、二階の部屋が暑くて耐えられない!

なんてことが起きてしまうんですね。

 

 

ちなみに窓ガラス(フロート3mm厚)の日射反射率について

 

出典:株式会社タクミ シルバー遮断熱RSP35LE

 

窓ガラスの日射反射率はわずか8%しかないのです…

なので窓の多いデザイナーズ住宅や

一面窓のおしゃれなマンションがとにかく暑いのもこのせいなんですね💦

 

 

 

暑い住宅の悩みを解決する方法とは

 

①外壁色・屋根色を明るい色にする

 

塗替えやリフォームの際、または新築時に明るい色を選ぶようにしましょう。

これだけで日射反射率が高まり、太陽熱を跳ね返す力が高まります。

近年、遮熱断熱機能のある塗料などもありますので、検討してみるのもいいかもしれません。

 

 

②窓に遮熱断熱機能をプラスする

 

夏場の太陽熱は70%が窓から入ると言われています。

エアコン代電気代のコストも窓の対策によって大きく削減できます。

どんな対策をするかによって室内の快適さは大きく変わります。

 

 

できる対策としては

遮断熱フィルムを貼る方法があげられます。

 

 

 

 

 3M社nano90s
3M社nano80s
スタンダードミラー遮熱スタンダード透明遮熱スタンダード紫外線カット
遮熱効果〇良い◎優れる◎優れる〇良い×なし
透明度◎透明〇明るい△やや暗い〇明るい◎透明
熱割れ安心不安不安やや安心安心
UVカット◎99%以上◎99%以上◎99%以上◎99%以上◎99%以上

 

 

遮熱フィルムを貼ることで窓際の温度は最大ー7℃にもなり。

夏場の施工ではその効果を体感で実感できるほどです。

 

プロ用の高品質ガラスフィルムを窓のお悩みを解決できるようご提案いたします。

 

 

《  窓フィルム施工店かながわフィルム  》
住宅/店舗/オフィスの施工承ってます。

見積もり現地調査無料サービス⁡

お気軽にご相談ください!

 電話でのお問合せ 
📞 080-8762-7688

 メールでのお問合せ 
✉ info@kana-film.com

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 かながわフィルム. All rights Reserved.