窓ガラスフィルムの施工ならかながわフィルムにお任せください。

お気軽にお問合せください。 080-8762-7688 【受付】9:00~20:00 info@kana-film.com

ブログ一覧


みんな知らない「遮熱」と「断熱」の違い

「遮熱」と「断熱」は同じじゃない?

 

 

今回は「遮熱」と「断熱」についてのお話です。

同じ【熱】に関するワードですが、意味は大きく違います。

 

これから暑さ対策をしたい場合と寒さ対策をしたい場合で重要になります。

ついつい混同してしまいがちな「断熱」・「遮熱」について、詳しく考えてみましょう。

 

 
 

遮熱とは?

 

室外から部屋の中へ熱を入れない(遮る)のが遮熱です。

 
夏の室内の暑さとゆうのは、太陽熱により壁・屋根・天井・床など様々な場所から室内に入ってくるものです。
その中でも開口部(窓)を通じて入ってくる熱の量はなんと73%にもなり暑さの原因の大部分を占めます。
 
遮熱フィルムを窓に貼るだけで本当に暑さ対策効果があるの?とお考えの方もいますが、
熱が室内に入る原因の73%である窓に遮熱対策をすることで大幅に暑さを軽減することができます。
 
 
 
 

断熱とは?

 

部屋の中から室外へ熱を逃がさないのが「断熱」です。

 

室内から室外へ伝わる熱を抑えることになります。
例えば冬は寒い室内を暖房器具やエアコンなどで室内の空気を暖めますが、実は壁・屋根・天井・床など様々な部分から暖かい空気が逃げていきます。
その中でも開口部(窓)を通じて出ていく熱の量は58%と言われています。
 
 
 
 
断熱・遮熱にせよ窓(開口部)より熱の出入りが多いことがわかりますね。
「断熱リフォーム」や「遮熱リフォーム」を考える際、窓の対策を考えることが快適性向上に欠かせないと言えます。
 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 かながわフィルム. All rights Reserved.